新春スペシャル上映会 「地球が壊れる前に」 ~アカデミー賞受賞俳優と考える気候変動~

『地球が壊れる前に』は、アカデミー賞受賞俳優であり 国連平和大使でもあるレオナルド・ディカプリオの2 年間にわたる旅を記録したドキュメンタリー映画です。

オバマ前アメリカ大統領をはじめ潘基文 ( パン・ギムン ) 前 国連事務総長、ローマ教皇フランシスコなどとの対談 をまじえつつ、気候変動が与える影響について、世界 各地からレポートします。 

地球環境の実情を見据え、 私たち人類の進むべき道を考えていきましょう。  

 <終了しました>

【開催概要】
・日時 :平成31年1月5日(土)開場 13:00 開演13:30~16:00
・場所 :幕張国際研修センター 2F 渚の間
     (千葉市美浜区ひび野1-1)
・参加費:無料    ← 無料でご覧頂けるようになりました。
・定員 :200名

・主催 :リネットちば

・お申込み  :http://urx.blue/MfRb      
・お問い合わせ : renetchiba@gmail.com  
        TEL:080-3077-4200(事務局:NPO 支援センターちば)

(↓ クリックで拡大)

<イベント報告>

180名を超えるご参加ありがとうございました!

~アンケートより~

◆映画ももちろん良かったですが、西原智昭さんのトークセッションがとても興味深く、映画を見た後でタイムリーに補足してもらえて大変有意義でした。レアアースの問題ももっとお聴きしたかったですし、現地の状況も活動されている方ならではの問題点やエピソードを聞きたくなりました。映画の主張することのみならず、偏りなしで現実を語られたことに更に興味が湧きました。
◆もともと牛肉を良く食べる暮らしはなかったけど、牛肉を育てるには広い土地が必要など、考えたこともなかった。なるほどと思った。映画の全体はとても良かった。

◆本日はどうもありがとうございました。2015年に作成された映画でしょうか。パリ協定後、2018年の気候変動パネルの会議では、米国や中国などの先進国の事情から全会一致の採択が難しかったと聞いています。自分のこと、自国のことが考えられない状況はとても危ういと思っています。自分も含め、他とのつながりの中で生活やライフスタイルを考えていきたいと思います。

◆年々ひどくなる猛暑や自然災害など、異常現象が多発している原因が地球規模で表現されていて、人間がもたらす害悪を深く認識できた。エシカル消費を進めていきたいと思う。以前から動物や自然環境について関心をもっているので、より広く深く追求していきたいと思う。

自然エネルギー100%プラットフォーム 賛同団体 です!